Interview社員インタビュー

社員インタビュー

システムコンサルタントT.K

株式会社メガ システムサポート事業部 所属

2018年入社

お客様の貴重な時間の中で自分にできる限りのことを!

私の担当業務は、自社ブランドのクラウドフォン「SPICA(スピカ)」の拡大販売です。「SPICA」はスマートフォンがあれば導入でき、電話回線ではなくインターネット回線に繋いで通話をする電話サービスです。2018年4月にサービスを開始し、私はそのタイミングでメガに入社。配属後は立ち上げにも携わらせていただきました。

メイン商材は「SPICA」ですが、それだけをご提案するわけではありません。私が実現したいのは、お客様の満足を超える最高のサービス。「電話がほしい」というお客様に電話だけを提供してもお客様の満足は超えられないと思っています。

そこで私は、提案できる商材はすべてご提案しています。なんといっても、メガにはシステムをはじめファシリティ、人材、介護など実に幅広いサービスがあります。自分の商材は「これだけ」と幅を狭めてしまうのではなく、お客様が求めているものは全部自分が提案する!という勢いで営業しています。

実際に「SPICA」に加えて、複合機やサーバー、家具などオフィス全体のレイアウト変更を任せていただきました。専門外の知識は持ち合わせていませんでしたが、とりあえず自分でやってみたい!という思いで先輩の力も借りつつ、見事お客様にも喜んでいただけました。

上に立てる人間になることが1番成長を感じる

早く知識を身につけたいとか、早くオーダーを上げられるようになりたいとか、とにかく周りに追いつきたい一心で入社1年目を過ごしました。また、いつ後輩が自分の下に入ってきても良いように、覚えた知識をどのように教えるかを常に考えていましたね。

グループのミッションを考えられるようになったのは2年目からでした。どうしたらグループの目標が達成できるかを日々考えた上で、個人の目標に取り組むようになりました。そして、2年目にして後輩ができ、1年目でイメージしていた指導も実践している最中です。しっかりイメージしていたものの、実際に指導をするのは大変ですね。仕事を教えるだけではなく、社会人としてのマナーや人と話す時の姿勢など、覚えてほしいことは数えたらきりがなくて。でも、2年目で指導経験をさせていただいているのはとてもありがたいですし、後輩が1人で仕事ができるようになってくると自分の自信にも繋がりましたね。

今後のさらなる目標としては、グループを引っ張っていける存在になることです。実は、メガに入社する際の志望動機にもこのことは書いているんです。上に立つ人間になることが予てからの目標で、自分にとってはそれが1番の成長だと考えています。

余計なプライドを持たず、何事も吸収する

「プライドを持たない」ことが私のこだわりです。それは、大学時代の恩師に教わったある言葉がきっかけでした。私は小学4年の時からずっとバレーボールをやっています。今も国体に出場させていただくなど、まだまだ現役です。大学時代は関東のトップリーグに所属し、レベルの高い環境に身を置いていました。時に自分の実力のなさを痛感し、伸び悩む時期もありましたね。そんな時、恩師に言葉をいただいたんです。「プライドは大事だが、それは時として成長を止める」と。この言葉で、考え方が一変しました。

仕事においてもこの考え方は通ずると思っています。人より高い評価がほしいから、高い売上がほしいから……と必要以上のプライドを持ってしまっては、そこにこだわってしまい吸収できるものも吸収できなくなってしまいます。「物売りではなく自分という人柄を売る」「貪欲に知識を吸収する」など、1つや2つの曲げられない軸を自分の中心に据えて、あとは臨機応変に合わせていける人になりたいですね。

お客様や会社が信頼を置くのは、きっと売れるだけの営業ではなく、売れる営業の“人間力”だと思います。プライドを持たず、多くを吸収して人間力を磨くことこそが、仕事に対するこだわりです。

Close