Interview社員インタビュー

社員インタビュー

空間コンサルタントS.U

株式会社オフィス空間 オフィスファシリティ事業部 所属

2017年入社

課題となるキーワードを会話の中でみつける

昨今は企業のオフィスもただの職場のスペースとしてではなく、より働きやすい労働環境であることが求められています。そんな中、現状のオフィスに不満を感じていたり、何かを変えたくて移転やレイアウトの変更、リフォームを検討されているお客様がたくさんいらっしゃいます。そんなお客様の課題となるキーワードを、お客様との会話の中でみつけていくのが私の仕事。社内の設計担当と協力し最適なレイアウトを提案したり、時には社内だけでなく社外のネットワークも活かして、様々な角度からお客様の課題解決に努めています。
 入社して3年。振り返ると、上司や先輩、同期たちに幾度となく助けられてきました。私にはまだ直属の部下がいませんが、今までたくさんの人に助けられたことを思い出し、いつ自分の元に部下や後輩がやって来ても、その方が安心して仕事に励んでもらえる環境をつくっていきたいです。今は営業活動をしていく上での成果はもちろん、日ごろ社内で分からないことがあれば、周りと積極的にコミュニケーションを取って一つひとつ課題を解決しています。

どんな場所でも胸を張っていられる人に

自分が成長したなと思うのは、社会人としての立ち振る舞いができるようになったことです。それは入社して間もない頃、上司から「例え別の会社に行ったとしても、周りに恥じない人間になってほしい」と言うアドバイスのおかげ。その言葉が常に心の中にあり、当時の上司と所属グループが異なる今でも、私は立ち振る舞いを大切にしています。
学生時代は好きなことを選べます。交友関係さえも選ぶことができます。しかし社会人になると時として、自分の苦手なことや苦手な人にも向き合わなければなりません。仕事の知識やスキルの向上も大事ですが、挨拶やマナーなど、誰でもできることを疎かにしないことが一番大切なんだと実感しています。
 今は仕事以外の時間でも、どんな場所でも胸を張って生きられる人になることが目標です。営業職をしていると特に感じるのですが、目の前の仕事にひたすらに向き合っていると、ほんとに目の前しか見えなくなってしまうことがあります。そんな時は一息ついて仕事から離れた友人・知人の話を聞いたり、読書やマスメディアを活用して心のアンテナを外に向けるようにしています。5年後・10年後の未来は正直予測がつきませんが、自分がどのような場所にいても時代の波に流されないよう、様々なことに挑戦していきたいです。

与えられたミッションは必ずやり遂げる

それが私の仕事をしていく上でのこだわりです!私は営業職なので、会社にとって必要な人材になるためには、売り上げや利益を少しでも多く上げることが必要となります。入社して仕事が始まると、すぐに数字や功績を上げていく同期たちに対して、自分はなかなか成果が出ず非常に悔しい思いをしたことがあります。根っからの負けず嫌いと言う性格もあり、気ばかりが焦っていく毎日。焦るとさらに悪いことが重なり、上司やお客様の些細な言葉を見落としてしまう最悪な状況でした。
「このままではまずい!何か変えないと!」そう思った私は、急いで結果を出さなければならないという固執していたプライドを捨てました。まずは上司や先輩の仕事をしっかり見て真似から始め、そしてとことんお客様に向き合うようにしました。
たくさんの失敗をしてきましたが結果、今では任せてもらえる仕事が格段に増え、お客様からのリピートも多くなりました。そんな過去の失敗をきっかけに、仕事上でもプライベートでも、任されたことは必ず最後までやり遂げると言う責任感を持つようにしています。

Close