Interview社員インタビュー

社員インタビュー

人材コンサルタントA.T

株式会社ヒューマンワーク リクルーティング事業部 所属

2018年入社

「応募効果」の“その先”までお客様に寄り添いたい

主にタウンワークやIndeedなどの求人広告を用いて、人材採用に関するお手伝いをしています。「いつまでに〇人必要!」というお客様のニーズをお伺いしたら掲載期間や媒体などのプランを選定し、具体的な仕事内容や、給与・勤務時間などの細かい条件をお伺いしていくのがお客様先での基本的な流れです。ご掲載がスタートした後も、応募状況や効果をまめにお伺いしながら“採用が充足する”までしっかりお客さまをフォローさせていただき、そのフォローも電話や現地への直接訪問など、なるべく担当者と“会話”ができるスタイルを心がけ、気軽に求人に関するお悩みやご相談をいただける関係性づくりを目指しています。
そんな担当者とのやり取りの中で特に私が気にしているのは、採用された方が、その職場にちゃんと馴染めているかどうかや、その方を採用したことで職場にどんな変化があったか、という掲載後のお客様のご様子です。たしかに採用活動のゴールは、募集人数通りに人を採用することですが、それは同時に、人が加わることでお店が回るようになったり、新規事業を始められたりと、お客様にとっては、それが新たなスタートの瞬間でもあると思うんです。
そうした事業の根幹を支えるお手伝いを、若い頃から経験させていただけるのはこの仕事ならではのやりがいと言っても良いかもしれませんね。

「多くの応募=良効果」というわけじゃない!

たとえ100名の方から応募があっても、理想の1名が採用できなければ、その採用活動は決して成功とはいえないのがこの仕事の難しい所。応募がたくさん来ること=お客様の満足に繋がる、というわけではないんですよね。それに気がついてからは、お客様とお話させていただく際は「求職者の方が仕事を探す上でどんなことを求めているのか」だったり、「どんな採用手法ならお客様の求めるターゲットに訴求できるか」を、きちんと理由をつけてわかりやすくご提案することを、しっかり心掛けるようになりました。
それから、お客様を“知ること”の大切さもこの仕事では忘れてはいけない大事なポイントです。お給料や勤務時間といった基本的な情報以外にも、その仕事の専門的な知識だったり、お客様が日々の仕事の中で大切にしている理念、採用にかける熱意など、その現場でヒアリングをしないと出てこない情報はたくさんありますから、わからないことは素直に「詳しく教えていただけますか?」としっかりお伺いするようにしています。積極的に「知ろうとする」ことでお客様との距離感も縮まって、それをきっかけに会話も広がりますし、結果的にそれがお客様との信頼関係を築くことにも繋がってくるんです。

先輩のスタンスを見習って――

入社1年目のある日、私が仕事の対応に追われて社内でバタついてしまったとき、私の様子を見た先輩が、自分の仕事は終わってもう帰れるはずなのに、私の仕事が終わるまでそばでずっと仕事を見守ってくれたことがあったんです。先輩にとってそれはきっと、なんてことない些細なことだったのでしょうが、私にとってはその先輩の優しさや気遣いがありがたかったですし、何より一人で困っているとき、誰かがそばにいてくれることがとても嬉しかったんです。私もそんな先輩のように、誰か困っている人がいればすぐに駆けつけて「安心感」を与えられる、そんな存在になりたいと、その時強く思ったことを今でも覚えています。
私たちの仕事において、求人のニーズがあるということは、人手不足で事業運営に支障が出ていたり、お店がうまく回らなかったり…お客様がなにかしら“困っている”ということ。そんなの絶対放っておけないじゃないですか。だからお客様と二人三脚で一緒に採用課題の解決を目指しながら、どうやったらあの日の先輩みたいに、お客様に「安心感」を感じていただけるのか、日々試行錯誤しながら、今私は仕事に臨んでいます。これからも、もっと多くのお客様と関わりながら、求職者の方に「この仕事に出会えてよかった!」と言っていただける求人広告をたくさん手掛けていきたいです。

Close